太ももとお腹が痩せる歩き方?!歩き方ダイエットとは?

太ももとお腹が痩せる歩き方?!歩き方ダイエットとは?

痩せる歩き方とは?実は太ももお腹が痩せる歩き方があるようです。

多くの方が気になる「お腹」や「太もも」が痩せる歩き方をご紹介していきます。


Sponsored Link


痩せる歩き方

歩き方が綺麗な人は、スタイルも印象も素敵に見えますよね。360度、どんなに遠くから見ても、洗練された雰囲気を醸し出す姿は美人オーラで溢れています。

彼女たちは、「歩き方も痩せる」ものとして認識しているようです。実は、ただなんとなく歩くよりも筋肉を意識して歩くことで、引き締め効果のあるエクササイズになります。

 

太ももが太るNGな歩き方は?

1.かかとから着地する歩き方

テレビでも雑誌でもモデルさんや有名人までもが”正しい歩行は「かかとから着地する」”と、口を揃え実践されているという現実がありますが、実はこれは一番危険な歩き方なのです。

かかとから着地をすれば、かかとに全体重と体重の約3倍にも及ぶ重力が繰り返し加わります。

このかかとから着地する動作を、中高年の人が3~4カ月続けていると、その半数の人に、ひざ・腰の痛みや頚の不調と共に、めまい・肩こり・頭痛など自律神経失調症状も起こってしまいます。

 

2.内股での歩き方

3.姿勢の悪い歩き方

前傾の姿勢が続くと、背筋が曲がって腹筋を使わなくなり、肩甲骨周りの筋肉が伸びきって固くなり、慢性的な肩こりにつながってしまいます。

背骨のS字カーブも崩れ、重たい頭を支えるために首や腰に負担がかかり、腰痛を引き起こしてしまいます。

上記のような3つの歩き方のどれかをしている場合、脚に負担が掛かってしまい、脚の筋肉がどんどん肥大化してしまうので要注意です!

ここまでは間違った歩き方を紹介しましたが、正しい歩き方とはどのようなものなのでしょうか

美脚の近道!寝る前の足のむくみ解消ストレッチ法10選!

女性の自宅での美筋ボディトレーニングメニュー14選!

 

太ももが痩せる歩き方は「美姿勢」から始まる

綺麗に歩くには必要不可欠な、「姿勢」から整えていきましょう。簡単に説明すると、ポイントは大きく分けて3つです。

 

①かかと重心で頭頂まで一直線

まずは鏡で全身を横からチェックします。足裏全体で床をとらえたら、かかとの上に足の骨、骨盤、背骨、頭を乗せていきます。上半身だけ後ろに反ってしまわずに、骨盤ごとかかとの上まで移動させ、お腹の力を使って立ちましょう。

instagram.com

 

②反り腰や胸の張りすぎに注意

女性が姿勢を良くしようとするときにありがちなパターンです。お腹の力が抜けて反り腰になっている方は、恥骨を引き上げて骨盤を立たせ、お尻の穴を閉めてあげましょう。軽く膝を曲げると骨盤を動かしやすいです。胸を張りすぎて肋骨が前に出ている方は、吐く息と共に胸をなでおろして。

姿勢を正しく保つには、実はかなりインナーマッスルを使うんです。普段姿勢が悪い方は、最初はキツく感じると思いますが、徐々に身体を慣れさせていきましょう。

 

③腰で歩くイメージ

好ましい歩き方は、腰で歩くというイメージです。腰を前方へ出すような気持ちで足を踏み出しましょう。そうすることによって、背筋がピンと伸びたまま歩くことができます。


Sponsored Link


出典 allabout

太腿の内側の隙間が美脚の鍵!内もも痩せダイエット方法が凄い!

下半身太りの原因!大転子(だいてんし)を即効で引っ込める方法!2

 

太ももやお腹が痩せる歩き方のポイント4つ

ここで、ランウェイを美しく歩くモデルさんの歩き方を見てみましょう。ポイント4つを解説していきます。

instagram.com

 

①背筋を長く保ち、胸を開く

まずは上半身です。目線は真っ直ぐ、遠くを見つめます。首の後ろは長く、軽くあごを引きましょう。腕を振る際には、肘を内側に寄せるように、肩甲骨を寄せていきます。体側に沿って腕を振るよりも、逆ハの字を描くイメージです。胸が開きます。

 

②お腹の力が抜けないようにする

ここからは、お腹と太もも痩せに重要な下半身です。正しい姿勢の作り方同様、お腹の力は常に抜けないようにしましょう。背骨側に引き寄せ、骨盤は正面に向けたままです。みぞおち辺りから伸びた長い脚だと思って、大きく前に出していきましょう。

 

③地面についている脚は曲げない

着地している足の膝は曲げないようにします。膝を曲げるのは、後ろから前に足を持ってくるときだけ。膝を曲げて歩くと、前ももの筋肉が発達します。内ももに効かせたいので、前に足を置く際は、かかとの中心から親指と人差し指の間で床をとらえましょう。

 

④内ももを寄せながら一直線上を歩く

一直線のラインの上を歩くようなイメージで、内ももが擦れるくらい引き寄せながら歩きましょう。内転筋が働いて、内ももが引き締められます。

以上4つのポイントをおさえ、まずはゆっくり歩きながら練習していきましょう。慣れてきたら、大股早歩きにすると消費エネルギーUP。ランウェイを歩くモデルさんのように、颯爽と歩いてみましょう。

instagram.com

ふくらはぎの痩せ方のコツと即効で細くする方法!

内ももの隙間は1日1分の内転筋を鍛えるトレーニング!

 

 太ももとお腹が痩せる歩き方!まとめ

いかがでしたか?背筋が伸びると、気分も明るくなりますよね。体型は日々の積み重ねで変わります。

正しい歩行で歩くほど正しい筋肉がつき、出るべき胸やお尻のラインがキュッと上がり、ウエストや脚は引き締まるという、美しいボディラインを導き出します。

正しくキレイなウォーキングは、歩けば歩くほど健康になり、そして引き締まった美しいボディラインを作り上げることができます。

ウォーキングを楽しみながら、ムリなくお腹と太ももを引き締めていってくださいね。

 

太もも痩せダイエット関連のおすすめ記事

1日で太もも痩せ効果!足パカダイエット5選の正しいやり方!

太ももは筋トレで引き締める!細マッチョな筋肉美脚にする方法!

毎日3分!太ももがみるみる痩せるダイエットストレッチ方法!

内ももの隙間は1日1分の内転筋を鍛えるトレーニング!

【保存版】太ももが太い原因別の痩せ方と即効ダイエット方法!

女性の下半身の筋トレは「片足立ち」体幹とバランス力を鍛えて美BODY!


Sponsored Link




LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)